「インスタ映え」を超える顧客獲得術(日経ビジネス2018年4月23日号)

2018年4月26日

「インスタ映え」を超える顧客獲得術(日経ビジネス2018年4月23日号)

640x480バナーnikkei0423.jpg


 スマートフォンで写真を撮って、SNS(交流サイト)のインスタグラムで友達とシェア──。
「インスタ映え」するかどうかは、今や商品やサービスをヒットさせるうえで欠かせない条件だ。だが、それ以上に重要な潮流が、マーケティングの世界で急速に大きくなっている。AI(人工知能)スピーカーなどのデジタルツールが、埋もれていた潜在顧客を買う気にさせる。「マス」は追わずにピンポイントで「個」を刺激し、「スモールマス(小集団)」から共感を得る。事前に計算をし尽くせば、顧客が勝手に集まり、商品が勝手に売れる状況も夢ではない。

特集はこちらから



【特集目次】

PART1
たかがアイスに若者が殺到するワケ



PART2
音声、ビジュアル、 チャットに対応せよ



PART3
カギは「スモールマス」 新機軸で市場は無限



COLUMN
スモールブランドは世界の潮流



PART4
データ活用の落とし穴、顧客中心の5原則守れ


※日経ビジネスDigitalの有料記事は、日経ビジネスオンライン会員(無料)にログイン済みの状態で「ポイントで読む」ボタンを押すと、月間3本まで【無料】でお読みいただけます。

ぜひこの機会に日経ビジネスの有料記事を試し読みください。

お申し込み.png

ページの先頭へ戻る ページの先頭へ戻る