日経電子版 広報部

「もっと知りたい」にこたえます

各デバイスで連動。お使いの端末で、いつでもどこでも


電子版は、ひとつのIDを使って、パソコンはもちろんスマホ、タブレットで利用できます。
ご利用のモバイル端末で快適に閲覧できるようウェブサイトとアプリを用意しています。
有料会員向けサービスのMyニュースの設定や保存した記事などは、
すべて自動で同期します。


スマートフォンのブラウザでも最適なレイアウトで表示

日経電子版は、スマートフォンのブラウザからもご利用いただけます。
コンパクトな画面でも読みやすく最適なレイアウトで表示されるので、ストレス無くコンテンツをお楽しみいただけます。

豊富なコンテンツはもちろん、Myニュースや検索などの便利な機能もそのままご利用いただけます。
「日経会社情報」の企業データや銘柄フォルダ、最新の市況は、日経電子版マーケット(http://markets.mw.nikkei.com/)にアクセスしてご利用いただけます。日経電子版マーケットは有料会員限定サイトです。


日経電子版
アプリ

スマホ向けアプリです。

  • 「Web刊」「速報」など電子版オリジナルのコンテンツが読めます。
  • 記事をダウンロードしておけば、オフラインで読めます。
  • アプリならではの快適な操作性が特長です。
電子版アプリ3つのポイント!

アプリをダウンロード

紙面
ビューアー
アプリ

スマホ、タブレット向けアプリです。

  • 直近30日間分の朝刊・夕刊・地方経済面・日経プラス1を紙面イメージで読めます。
  • 記事をタウンロードしておけば、オフラインでも読めます。
  • Myニュースの「キーワード」と連携。「Myニュース」で設定したキーワードを含む記事をカラーで囲んで表示します。
有料会員限定 電子版オプション
日経産業新聞 紙面ビューアー1,500円
日経MJ 紙面ビューアー1,000円

アプリをダウンロード

日経電子版プランとお申し込み方法

日経電子版プランとお申し込み方法



よくある質問

日経電子版の「有料会員」と「登録会員(無料)」の違いはなんですか?

閲覧できる記事の種類や、使える機能が異なります。 電子版の機能一覧はこちら

日経電子版/日経Wプラン
有料会員
日経電子版
登録会員(無料)
日経電子版
未登録
無料記事
有料記事 月10本まで閲覧できます ×
ニュースメール 無料会員向けの
お知らせメールが届きます
×
朝刊・夕刊 × ×
電子版アプリ 有料記事を月10本+
無料記事を閲覧できます
無料記事のみ閲覧できます
紙面ビューアー アプリ × ×
記事の保存 × ×
記事の自動収集 × ×

なお、日経Wプランの方は、上記のほかに、年2冊の電子書籍のダウンロード権利が付与されます。
7月1日時点でWプラン会員の方は12月末まで、また1月1日時点でWプラン会員の方は6月末まで、各1冊をダウンロードできます。


電子版の機能一覧
  • 会員限定記事
    電子版に掲載される記事には、どなたでも全文を読むことができる記事と、会員限定記事の2種類があります。 記事の見出しの右側に鍵マークがついている記事は会員限定で、全文を読むには会員登録をしていただく必要があります。有料会員登録をしていただくとすべての記事がご覧いただけるようになります。無料登録会員の方は毎月決められた本数までご覧いただくことができます。
  • ニュースメール
    電子版では、あなたの目的に合わせてご利用いただける便利なニュースメールサービスをご用意。毎日の情報収集を力強くサポートします。 重要ニュースをいち早くキャッチできる「速報メール」はパソコンと携帯にお届け。 1日の流れがわかる「日経ニュースメール」や「電子版メールマガジン」などからお好きなタイプをお選びいただけます。 また、有料会員限定の機能「Myニュース」の連載・コラムやキーワードと連動した「Myニュースメール」もおすすめです。
  • 朝刊・夕刊
    「紙面ビューアー」は、朝刊・夕刊のほぼ全ページを紙面イメージそのままに掲載しているので、いつものように新聞紙面を広げる感覚で、読むことができます。北海道から沖縄九州まで全国22の「地域経済面」も読めます。 また、記事や写真・図表などは拡大表示も自由自在。
    1週間分のバックナンバーを収録しているので、忙しくて読み逃しがあっても、後でまとめて読むことができます。 テキストで閲覧できるスタイルもあります。

    ※注意事項
    ・ 著作権などの関係で、一部の記事・広告は表示されません。
    ・「紙面ビューアー」はAdobe社のFLASH技術を採用しています。FLASHをインストールしていないパソコン、携帯情報端末などではご利用いただけません。あらかじめご了承ください。
  • 日本経済新聞 電子版アプリ
    「日本経済新聞 電子版アプリ」は、スマホならではの操作性に対応し、日経電子版の豊富な記事を快適に楽しむことができます。インストールしておけば、重要な速報ニュースをプッシュ通知でもお知らせします。 「Myニュース」の各機能とも連携しているので、PCで保存した記事や連載・コラムを、移動中にスマホでまとめ読みするなど、日経の読み方が広がります。
  • 紙面ビューアー アプリ
    スマホ・タブレット向けアプリ「日本経済新聞 紙面ビューアー」は、「朝刊・夕刊」と北海道から沖縄九州まで全国22の「地域経済面」、土曜日発行の「プラスワン」を紙面イメージそのまま収録。紙面をめくるような直感的な操作を実現しました。 記事をダウンロードしておけば、オフラインでも読めます。Androidアプリでは、「朝刊・夕刊」の自動ダウンロードを設定することもできます。「Myニュース」の「キーワード登録」機能とも連携。登録したキーワードを含む記事がハイライトされ、重要なニュースも読み逃しません。また、気になった記事は"切り抜き記事"イメージのまま印刷、保存できます。
  • 記事保存
    煩雑なスクラップ作業の手間をはぶける便利な記事保存機能を搭載。 気になる記事はワンクリックで「Myニュース」に保存できます。 朝、スマートフォンで見出しにさっと目を通して気になる記事を保存し、会社や自宅のパソコンでスクラップした記事をじっくり読むといった使い方もできます。
  • Myニュース
    日経電子版に掲載された膨大な記事の中から、登録条件にあった記事だけを一覧できるカスタマイズ機能です。 フォローしたい「連載・コラム」、業種や社名など気になる「キーワード」を登録しておけば、PC・スマホ・タブレットなどからいつでもチェックできます。保存記事もMyニュースで読みなおすことができます。 新着記事をメールでお知らせする「Myニュースメール」もあります。
  • 記事検索/株価検索
    電子版では、過去に掲載された記事から最新の記事までを対象に、簡単にサイト内検索ができます。 有料会員の方は直近3カ月(それ以外の方は1週間)の朝刊・夕刊に掲載された記事を検索できます。 株価検索では、「日経会社情報」の上場企業データベースを検索して、ニュースや株価、業績などをまとめて閲覧できます。
月の途中で申し込んだ場合の料金はどうなりますか?

①日経電子版は、申込月は無料で、翌月から料金が発生します。
②宅配は、申込月は配達開始日からその月の末日までの日割り計算になります。

電子版+宅配(日経Wプラン)は、現在の宅配のご購読状況と、配達開始日とにより、異なります。

<日経Wプランのお申し込み時に、日本経済新聞(宅配)を未購読である場合>
申込月の途中から配達を開始する場合、申込月は上記①「日経電子版」と②「宅配」の組み合わせになります。翌月分から、日経Wプラン定額がかかります。
※申込月分の新聞購読料は、日割り計算し、翌月の日経Wプラン定額分と合わせてクレジットカード(日経ID決済)でお支払いいただきます。

<日経Wプランのお申し込み時に、日本経済新聞(宅配)を購読中である場合>
申込月の電子版のご利用は無料で、翌月分から日経Wプラン定額がかかります。
※申込月分の新聞購読料は、これまでどおり担当する新聞販売店にお支払いいただきますが、翌月分からは、日経Wプラン購読料として日本経済新聞社にお支払いいただきます。


※日経電子版の無料期間中に、日経電子版または日経Wプランを解約した場合、当月分の基本料金(4,200円、日経Wプランの場合は1,000円)がかかります。
支払い方法は何があるのでしょうか?

日経電子版、電子版+宅配(日経Wプラン)はクレジットカード払いのみ承っています。

日本経済新聞(宅配)はクレジットカードのほか販売店集金でもお読みいただけます。訪問集金・口座振替など販売店集金の方法は担当する販売店にご確認ください。



ページの先頭へ戻る ページの先頭へ戻る

日経電子版

月額税込
4,200円

申し込み月の料金(4,200円)無料

電子版+宅配
(日経Wプラン)

電子版(4,200円)+宅配(4,509円)で合計8,709円のところ

月額税込
5,509円

申し込み月の電子版部分(1,000円)無料

一部地域では月額4,670円となります。
(日経Wプランは、新聞購読料+1,000円です)

電子版の活用法

SNSアカウント

もっと見る

お申し込みはこちら