日本経済新聞名物コラム
「私の履歴書」まとめ読み

2018年11月27日

watashinorirekishokizinaka.jpg

lineblack.jpg

時代を代表する著名人が、半生を語るコラム『私の履歴書』。

1956年(昭和31年)から50年以上、日本経済新聞朝刊の文化面(最終面)に1日1回1カ月単位で連載されており、日経の名物コラムとしてご愛読いただいています。
登場する人々は、政財界、文化、芸能、国内外の多岐にわたります。
それぞれの分野で後世に残る仕事を成し遂げた人々が、自らの言葉で語る努力や思い。読めばきっとあなたに役立つ何かが得られるはずです。

※「私の履歴書」は有料会員限定の記事です

lineblack.jpg

12月の「私の履歴書」は
ー茅 陽一さん(地球環境産業技術研究機構理事長)NEW!

1811kayayoichi_watashinorirekisho.png

12月は、地球環境産業技術研究機構(RITE)理事長として地球温暖化問題の解決に長年にわたり力を尽くしてきた茅陽一さん(東京大学名誉教授)が登場します。茅さんは電気工学の先生でしたが、ひょんなことから国際組織「ローマクラブ」のメンバーに引き込まれます。ローマクラブは天然資源と環境のくびきから「成長の限界」があることを1970年代に提唱、成長一本やりの世界経済のあり方に警鐘を鳴らしました。茅さんはローマクラブでの活動を契機に、世界の経済成長を環境やエネルギーの側面からも総合的にとらえる研究に取り組み、この分野での第一人者となりました。1990年代以降、地球温暖化問題が大きな政治・社会問題になると、国際的な対策づくりの議論に加わるとともに、日本の政策づくりにも大きく貢献しました。理事長を務めるRITEは温暖化を回避する技術開発に取り組む組織です。こう紹介すると、めっぽう真面目でお堅い人物の印象ですが、大学時代は野球で活躍し、一目ぼれの女性のため米国の大学教授への道を諦めるなど奔放な一面もあります。お酒と旅行には目がないようです。硬軟合わせ持つ茅さんの人生行路をお楽しみください。

「私の履歴書」はこちらから


■過去のラインナップ

「私の履歴書」は有料会員の方なら過去のコンテンツまで遡ってご覧いただけます。一部を抜粋してご紹介します。


1811takata.png 1811nitori.png

○2018/8 横川 竟(すかいらーく創業者)
○2018/2 松井忠三(良品計画元会長)
○2017/12 江夏豊(元プロ野球投手)

「私の履歴書」はこちらから

ページの先頭へ戻る ページの先頭へ戻る