大好評シリーズ『経営教室』1月より装い新たに、
ソニー・平井一夫会長が登場!

2018年12月27日

ソニー・平井一夫会長が語る経営の真髄
(日経ビジネス2019年1月14日号よりスタート)

640x480_経営教室1月分.jpg

大好評シリーズ経営教室「反骨のリーダー」。注目の経営者たちの生き様(Life Story)と講義(Lecture)を連載していく本シリーズでは、これまで7名の社長がそれぞれの経営哲学を語ってきた。1月からは装いも新たに、ソニー平井一夫会長が登場!動画コンテンツも配信スタート!

※平井一夫会長は2019年1月14日号から登場します

経営教室「反骨のリーダー」はこちらから


■これまでの経営教室「反骨のリーダー」 おさらい

シリーズ4
鳥貴族・大倉忠司社長 「うぬぼれ」てなんぼ

鳥貴族の大倉社長は1品298円均一という低価格と品質へのこだわりで、会社を急成長させてきた。柔和な笑顔に潜む反骨魂。「うぬぼれ経営」を標榜する真意とは。


シリーズ5

味の素・西井孝明社長 世界に「正射必中」

調味料市場で国内最大手、味の素。働き方改革やESG(環境、社会、ガバナンス)重視の経営で注目を集める。矢継ぎ早の改革の根底には、自らの信念を貫きたい強烈な執念がある。


シリーズ6
DMG森精機・森雅彦社長 常識は壊すためにある

工作機械大手、DMG森精機の森社長は日本とドイツの企業統合を成功させ、常識にとらわれない経営戦略を貫く。その根底には、生まれながらの「機械屋」としてのプライドがある。


シリーズ7
セイコーエプソン・碓井稔社長 「革新」を諦めない

セイコーエプソンの碓井稔社長は技術にこだわり、イノベーションにこだわる根っからの技術屋だ。インクジェットプリンターを成功させた経験を軸に「破壊と創造」に挑んできた。

経営教室「反骨のリーダー」

※ぜひこの機会に日経ビジネスの有料人気記事をウェブでお試しください。

ページの先頭へ戻る ページの先頭へ戻る