シリーズ6開始!
DMG森精機、森雅彦社長の「常識は壊すためにある」

2018年10月29日

DMG森精機、森雅彦社長の「常識は壊すためにある」
(日経ビジネス2018年10月29日号からスタート)

IMG_5973.png

大人気シリーズ経営教室「反骨のリーダー」は10月29日号からシリーズ6がスタート!

シリーズ6では、工作機械業界において異端児とも評される、DMG森精機社長の森雅彦氏の経営論に迫る。日本とドイツの企業統合を成功させ、常識にとらわれない経営戦略を貫く。その根底には、生まれながらの「機械屋」としてのプライドがある。

経営教室「反骨のリーダー」はこちらから


森雅彦[もり・まさひこ]

1961年9月 奈良県大和郡山市生まれ。父は森精機製作所創業メンバーの幸男氏
80年3月 私立東大寺学園高等学校卒業、浪人生活を送る
81年4月 京都大学工学部入学
85年3月 京都大学工学部卒業、伊藤忠商事入社。大阪本社で繊維機械の営業
93年3月 伊藤忠商事を退社
93年4月 森精機製作所に入社。企画管理室に配属され、次長として働く
94年 取締役
96年 常務取締役
97年 専務取締役
99年 父の後を継ぎ、3代目社長に就任
2001年 池貝が民事再生法の適用を申請したことを受け、太陽工機を買収
02年 日立精機が民事再生法の適用を申請し、同社の工作機械事業を買収
04年 本社を名古屋に移転
09年3月 独ギルデマイスターと資本業務提携を締結
13年10月 森精機とギルデマイスターの社名をDMG森精機に統一
15年3月 独DMG MORI SEIKIを子会社化し、連結企業として一体経営を始める

経営教室「反骨のリーダー」


日経ビジネスDigitalの有料記事は、日経ビジネスオンライン会員(無料)にログイン済みの状態で「ポイントで読む」ボタンを押すと、月間3本まで【無料】でお読みいただけます。ぜひこの機会に日経ビジネスの有料記事を試し読みください。

お申し込み.png

ページの先頭へ戻る ページの先頭へ戻る