鳥貴族、⼤倉忠司社⻑の「うぬぼれ」てなんぼ

2018年8月27日


⿃貴族、⼤倉忠司社⻑の「うぬぼれ」てなんぼ
(日経ビジネス2018827日号)

640x480_経営教室8月分.jpg


好評の連載、経営教室「反骨のリーダー」はシリーズ4に突入。講師は焼き⿃チェーン最⼤⼿、⿃貴族の⼤倉忠司社⻑。1298円均⼀という低価格と品質へのこだわりで、会社を急成⻑させてきた。柔和な笑顔に潜む反⾻魂。「うぬぼれ経営」を標榜する真意とは。

経営教室「反骨のリーダー」はこちらから

⼤倉忠司[おおくら・ただし]

1960 2月 大阪府東大阪市で生まれる。両親は町工場を経営

78年 高校を卒業後、調理師専門学校に入学

79年 大阪の名門ホテルのイタリアンレストランに就職

82年 地元の焼鳥店に就職し、経営の基礎を学ぶ

85年 独立し、鳥貴族1号店をオープン

86年 鳥貴族の前身のイターナルサービスを設立し、チェーン展開を開始

2003年 大阪・道頓堀に出店し、人気に火が付く

05年 東京に初めて進出する

08年 100店舗を達成する

12年 300店舗を達成する

14年 東証ジャスダックに上場

16年 東証1部に上場

17年 28年続いた「280円均一」から、「298円均一」に値上げを断行。
    鳥貴族の共通の価値観を明文化した「TORIKIWAY∞」を策定

経営教室「反骨のリーダー」

日経ビジネスDigitalの有料記事は、日経ビジネスオンライン会員(無料)にログイン済みの状態で「ポイントで読む」ボタンを押すと、月間3本まで【無料】でお読みいただけます。ぜひこの機会に日経ビジネスの有料記事を試し読みください。

お申し込み.png

ページの先頭へ戻る ページの先頭へ戻る