「ひとり暮らしシニア」増減マップ ほか
注目のビジュアルデータをピックアップ!!

2018年10月29日

日経電子版では11月に注目コンテンツとして『「ひとり暮らしシニア」増減マップ』を公開します。ニュースのツボをデータでひも解き、ひと目でわかるビジュアル表現でデザインした「日経ビジュアルデータ」の最新コンテンツになります。そのほか公開済みのビジュアルデータの中から注目のコンテンツをピックアップ。日経電子版ならでは、のニュースコンテンツをお楽しみください!!

【11月公開】「ひとり暮らしシニア」増減マップ

181029ohitori_400.png

ひとり暮らしのシニアが都市部で急増しています。国勢調査によると、2000年からの15年間で、横浜市や名古屋市などで高齢者の単身世帯が2倍以上増えています。全国の市町村で単身高齢者世帯がどれくらい増えているのか、ひと目でわかる地図をつくりました。あなたが住むまちや育ったまちを調べてみてください。

【公開中】外国人依存度ランキング 1位は「広島県の漁業」

DjouZGQU4AEBeKN (1).png

開会中の臨時国会では、外国人の受け入れを拡大する入国管理法改正案の審議が始まります。背景にあるのは、日本で働く外国人が増え続けていること。では実際に、どの県のどの業種で、どのくらいの割合で外国人が働いているのでしょうか。日経ビジュアルデータ「外国人依存度ランキング」でチェックしてみてください。

【公開中】「ネットの海の道」地球30周分 米中しのぎ削る

submarineCableMap.gif

インターネットのデータ通信の99%は、地球上に張り巡らされた海底ケーブルを通っています。「ネットの海の道」の総延長は地球30周分。グーグルやフェイスブックなど米大手と中国IT勢は、海面下でもケーブル敷設の勢力争いを繰り広げています。世界の海で競うように海底ケーブルが増え続けていく様子を日経ビジュアルデータで描きました。

「日経ビジュアルデータ」コンテンツ一覧はこちら

ページの先頭へ戻る ページの先頭へ戻る